pixta_19994056_M.jpg
MESSAGE.png

革に込めた想い。

_DSC0039.jpg

■ LEATHER for EARTH ■

「革」は人間が道具というものを

使うようになってから、

地球上で最も長く、

「ものを大事にする/命を大事にする」

観点で使われてきた素材です。

人間が動物の肉を食べ、その副産物である皮を加工し、「革」としていろいろなものに

再利用してきたという歴史。

天然皮革は、暮らしの中で多くの化学繊維などと比べ安価ではありませんが、

長い間愛用できるという点では

最良のサステナブルと言えます。

​LEATHER LAB TOKYOでは革づくりを通して

3つのことを取り組んでいます。

 
_DSC4456.jpg
_DSC5499.jpg
_DSC4633.jpg

❶水の大切さ / 浄水槽 

LEATHER LAB TOKYOの自慢の美しい革の色は、

徹底的に管理されたきれいな水と

浄水設備が基本となります。

中心となる反応槽では、上階にある薬品を用いて化学反応を起こし、汚水の中の有害物質を取り除きます。

それにより、PHを調整して中性にすることで

飲んでも害はないくらいに元どおりの水の状態にします。

兵庫県姫路市などの自治体管理施設や大企業を除けば、

このように小規模の会社でオートメーションで管理する施設は、国内でも数少ない浄水施設を兼ね備えています。

_DSC4631.jpg
FB08.jpg
workshop.jpg

 ❸地域との交流、未来へのメッセージ

LEATHER LAB TOKYOのある東京都墨田区東隅田は、

東日本最大の皮革産業地帯です。
大正12年より、この地で革づくりをしてきた会社として、

地域との結びつきと住民の方々のご協力に感謝し、

わたしたちができることを常に考えています。
「革」というものを通じ、社会科見学やワークショップなど、この場所を最大限に使った

「ものの大切さを感じてもらうこと」に
​貢献できるよう働きかけを行っています。

FB00.jpg
_DSC9510.jpg
_DSC9172.jpg
_DSC5149.jpg
_DSC7215.jpg

❷天然皮革の啓発活動 

現在、使い勝手の良い安価な生地や素材が

一般家庭での主流となっています。

動物の皮を使うことが、

動物の乱獲など不法に生産されていた一部の歴史を、

間違ったイメージとして捉えられることも

少なくありません。
革の良さは「長く使える」そのことにつきます。

動物の命を隅々まで大切に使うものづくりは、

何世代にもわたって使い込まれ、

革は新品以上の魅力と価値を、

使い手の方に与えることができます。

そんな革本来のメッセージを、

いろいろな活動を通じて伝えていきたいと思います。